スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

奈良へ vol.6 吉野山編 その2(2012/04/30)  

金峯神社を出て約2時間た経った頃。
ようやく車を停めている中千本エリアに到着です。
そして、見えて来た


↑竹林院 群芳園

竹林院は椿山寺(ちんざんじ)とも呼ばれ 
聖徳太子が建立した一寺と伝えられています。
古くから修行に努める山伏の宿坊として利用されていました。

豊臣秀吉や与謝野晶子も利用し、
昭和に入ってからは昭和天皇のご利用されるなど、
現在に至るまで広く親しまれています。

竹林院の庭園「郡芳園」は大和三大庭園のひとつとされ、
豊臣秀吉が吉野山へ桜の花見に訪れた際、
千利休によって作庭し、
細川幽斎によって改修されたと言われている、
池泉回遊式の借景庭園です。





春は桜、夏は繁る緑、秋は紅葉に冬は雪景色と
四季折々でその姿を楽しませてくれる庭園ですが、
この時期はちょっと中途半端だったのかもしれません・・・

さあ、ここまで来ればもう金峯山寺まではもう少し。
この辺りはお土産物屋さんや食べ物屋さんも立ち並び始め、
疲れていながらも、かなり気を紛らわせながら歩く事が出来ます。


ほら、もう金峯山寺がこんなに近くに!

でもその前に、吉水神社に寄り道。
後で気が付いたのですが、写真一枚も撮って無かった・・・(^^;;;

そしてようやく本日のゴール、
金峯山寺(きんぷせんじ)に到着です。
到着時刻は13時40分。
途中休み休みでしたが、実に3時間の道のりでした。


金峯山寺は修験本宋の総本山で、
修験堂の開祖とされる役行者が約1300年前に開いたと伝えられています。
中世に広大な寺領と僧兵を有し隆盛。
義経や後醍醐天皇が吉野に下ってきたのもその力を頼ってと言われています。
高くそびえる本堂の蔵王堂↑は国宝で、この地のシンボルでもあります。
正面26m、側面27m、高さは28mにも及び、
木造古建築では東大寺大仏殿に次ぐ大きさです。

堂内には3体の巨大な金剛蔵王権現立像(秘仏、重要文化財)が祀られています。
この金剛蔵王権現像はつい先日(6月7日)まで、特別開帳していました。
もちろん、私たちも中に入ってしっかりその姿を目に焼き付けて来ましたよ。
間近で権現様を見上げていたら、
胸にズーンッとせまるモノがあり、
思いもよらず涙がこぼれてしまいました。
正直、こんなに感動するとは思わなかった・・・(^^;;;
ちょっとびっくり。

金峯山寺、蔵王権現像については
JRのCMでご覧になった事のある方もいらっしゃるかもしれませんね。
本堂の中は撮影禁止でしたので、
残念ながら蔵王権現像の写真はありません。
なので、時折この動画↓を見ては思い出に浸っています。
何度見ても胸が締め付けられます。


また機会があれば是非見に行きたい。
もう奥とか上は良いから・・・(笑)

金峯山寺を出た所で、何と雨!
まだ小雨だったので、急いで中千本の駐車場へ戻ります。
って、今度はひたすらの登り坂~
急いでもなかなか前に進みませ~んっ!!(大汗)
それでも運良く本降りになったのは、
駐車場について車に飛び乗ってからでした。

4時間ほど歩き回った吉野山もこれで終了。
十分に満喫、堪能しました。
そろそろ平坦な道を歩きたい・・・(笑)
今日はこれから奈良市内に戻ります。

*************************

さて、話は変わって、
旦那さんの学生時代の友達が京都に住んでいて、
この夜、奈良まで出て来てくれると仰るので、
夕飯を一緒に食べる約束をしていました。
奈良への道中は強い雨に加え、
かなり渋滞していて
レンタカーを返して
奈良駅前のホテルにチェックインしたのは
約束の時間の30分ほど前の事。
はぁ、ギリギリ・・・

私たちは勿論、先方も奈良に土地勘が無く、
どこでご飯を・・・と思っていましたが
レンタカー屋のお兄さんに美味しい焼鳥屋さんを聞いて、
そこに行く事にしました。

想像していた串に刺さって出てくる焼き鳥屋さんでは無くて、
いわゆる焼肉屋さんのように、
お皿に適当な大きさにカットされた鶏肉が乗せられて出て来て、
テーブルの網にて自分たちで焼くという
珍しいスタイルの焼き鳥屋さんでしたが、
お勧めして貰っただけあって、
本当に美味しかった~((美^~^味))モグモグ♪
(写真無くてすみません)

最後はお店を変えて
〆のラーメンまで行っちゃって(笑)
お腹いっぱいで解散となりました。

スポンサーサイト

category: 2012年GW 奈良旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri13.blog.fc2.com/tb.php/686-7456f713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。