スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

奈良へ vol.2 室生寺編 (2012/04/29)  

2日目も朝から良いお天気です。
窓を開けると日差しが早くもジリジリと感じました。
朝ごはんは7時半。
昨夜と同じく広間で頂きます。


ああ、幸せな朝ごはんの図・・・よね。
鮭の塩焼きに、サラダ、
生卵に青菜のお浸し、納豆。
ご飯にお漬物、写真には無いけれどお味噌汁。
今日も沢山歩く予定だしね、
朝からお腹いっぱい頂きました。

食後、部屋を片付けて早々にチェックアウト。
まずは室生寺に向かいます。
とはいっても、室生寺にすぐそばの宿だったので、
目的地まではあっという間(笑)
お宿の女将さんに教えてもらった駐車場に車を停めさせていただいて
いざ室生寺へ。


写真左側が表門、そして右側が仁王門です。

私たちが足を運んだこの時期は石楠花が見頃でしたよ。




花を愛でながら進むと、目の前に鎧坂と呼ばれる急な階段が・・・

また階段かぁ(´ヘ`;)ハァ~
頂上にちらりと映っているのが国宝でもある金堂です。

昨日から階段良く登るなぁ。
と思ったのですが、これはまだまだ序章なのですよ・・・
ここを登っている時の私はそんな事、知る由も無かったのですけれどね。






↑室生寺金堂
平安初期の建立。
道内には本尊釈迦如来立像(国宝)、十一面観音立像(国宝)、
薬師如来像、地蔵菩薩像、文殊菩薩像が並び、
その前に運慶作と伝えられる十二神将が安置されています。


↑こちらは弥勒堂
鎌倉時代前期の建立。
本尊はへ安時代初頭の木造弥勒菩薩立像。
脇壇には国宝の釈迦如来立像が安置されています。

金堂の左手の階段を登ると灌頂堂とも呼ばれる本堂に出ます。


↑灌頂堂(本堂)
建立は鎌倉時代後期。
真言密教のもっとも重要な儀式、灌頂を行う為のお堂です。

そして・・・
室生寺と言うと、↓を思い浮かべる方が多いと思われる五重塔。



総高16.1mと、屋外に立つ五重塔では国内最小。
平安時代初期(800年頃)の建立と言われ、法隆寺の塔に次いで古いそうです。
1989年の台風で、そばの杉(高さ50m)が倒れた際、
屋根に直撃し大被害を受けましたが、心柱と含め、塔の根幹部の被害は免れ、
1999~2000年にかけて修復、落慶しました。

まさか国内最小とは知らなかったので、目の前にした時は思わず
「小っさっ!!」
と思わず口から出てしまいましたが(ごめんなさい)
改めてみると見目麗しい塔ですね。
弘法大師が一夜にして立てたとの言い伝えもあるそうです。

さて、室生寺はここまでかと思っていましたが、
どうやら「奥の院」と呼ばれるお堂があるそうで・・・
これがね、また石段を登るらしいのだけれど、
結構キツイらしく、諦めて引き返す方もいるらしい(^^;;;
でもね、せっかく来たしね、行くだけ行ってみましょう~と、
出発してみたものの・・・



原生林に囲まれた石段・・・
400段くらいあるらしい石段は、写真だと綺麗な石段なんだけれど、
歩幅が合わなくて疲れが倍増~。

登っても登っても頂上が見えないから余計疲れるし焦る~っ。
途中で見かけた石楠花を撮って気を紛らわせつつ、ひたすら登る・・・
途中から進みが一緒になった男性が、
「これって、登ったら降りなくちゃいけないんだよね」と、ぽつり。

そ、そうですよねぇ(^^;;;


登る事20分あまり。
ようやく頂上に到着。
ふくらはぎはパンパン、頭はクラクラ。
息はいつまで経っても整わないし(^^;;;

取りあえずはお参りをして、水分補給と休憩。
あまりの疲れにうっかりしていたけれど、
後で撮った写真を見てみたら、肝心の「奥の院」の写真を撮って無かった(ToT)
↑は位牌堂です。


さて、今度は来た道を戻ります。
ひたすらの下り道。

この時思ったのですが、
登りも大変だけれど、下りはもっと大変なのね。
膝や腰への負担が登りより大きいみたい。
勾配もきついので、うっかりすると転げ落ちそうだし。
手摺につかまりながら、慎重に降りてゆきます。

それにしても昔の人は凄いのね。
こんな山の上にお寺やらお堂やらを建てるんですから。
木材や石を運ぶ訳でしょう?
やっぱり全てが修行なのね。

鎧坂を降り切って、ほっと一息。
再び咲き乱れる石楠花を見て回って癒される・・・





室生寺を後にした後は、付近を散策して、
ちょっと早めのお昼ご飯。
有名な門前の「橋本屋」さんも考えましたが、
そのはす向かいの「中村屋」さんにお邪魔する事にしました。
注文したのは山菜定食。

 
どーんっ!!
美味しそう( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう


↑ まずは山菜の白和え(写真左)。
白和えだけれど、ちょっとコクもあってナッツっぽい味も。
摺ったクルミとかも入ってるのかも。
写真右は酢の物。


↑ 写真左側はふろふき大根。しみじみした味が堪りません
右側は野菜の炊き合わせ。こんにゃくにカボチャ、さつま芋に人参。
隠れて見えませんがたけのこも・・・♪


↑ そしてとろろ。これは粘りが凄かった。
ウズラの卵が添えられていて、混ぜようとするのだけれど、
山芋がしっかりしすぎて(笑)全然混ざらない。
お箸でつまむと全部持ちあがるほどの粘り。
もぐもぐしっかり噛まないと食べられません(笑)

右はお吸い物。具は三つ葉とお素麺。
爽やかなお味でした。
そしてお漬物とご飯でもうお腹いっぱーい(●´)З`)))

スポンサーサイト

category: 2012年GW 奈良旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri13.blog.fc2.com/tb.php/679-9fbea5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。