スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

奈良へ vol.1 長谷寺編 (2012/04/28)  

先日、実家から戻りました。
予想外に忙しくて(?)、そして疲れて
ブログを書く時間が無かった~(笑)
結局何も進まなった旅行記ですが、
書きあがっているモノから取りあえずアップしていこうと思います。
長くなりそうですが、
お付き合い頂けたら嬉しいです。

***************************

今年のGWは久しぶりに旅行に出ました。
色々候補があったのだけれど、
検討の結果、行き先は奈良。
京都もセットにするつもりだったのですが、
意外と奈良が盛りだくさんになってしまって
奈良のみで(笑)

まずは新幹線で京都に出て、その後はみやこ路快速にて奈良へ

 
お昼に奈良到着。
ちなみにこの日の奈良は暑かった~っ。
こんなに関東と気温が違うものかしらね???
関東も暑かったのかな?
このところ、肌寒くお天気がすっきりしない事が多かったので、
ジリジリと照りつける太陽に少々困惑気味でした。

奈良の駅前で車を借りて、まずは169号線を南下して長谷寺へ向かいます。
30分ほど走ると途中、三輪という町を通るのですが、
この三輪って三輪素麺の三輪なのね~。
昼食もまだだったので、
池利三輪素麺茶屋 千寿亭さんにてお昼ご飯にしました。



私は冷やしそうめん(左)。旦那さんは田舎にゅうめん(右)をオーダー。
しっかりと腰のあるお素麺が美味しかったです。
田舎にゅうめんはコクのあるスープに具沢山。
ジューシーなお揚げや大きな鶏肉まで入っていましたよ。


冷やしそうめんは青紫蘇とタマゴとプレーンの3色。
天ぷら(写真右側)が付いていましたが、エビにきのこにブロッコリー、
木の枝のように見えるのはお素麺の天ぷらです。
それにしても、ブロッコリーの天ぷら・・・久しぶりに食べたなぁ(笑)

胃袋が満たされて、再び車を走らせます。
20分ほどで初瀬近辺に到着。
本来ならそのまま長谷寺に向かいたいところですが、
現在、長谷寺はぼたんまつり開催中。
おまつりの期間、交通規制のため車で長谷寺のそばまで行けないので、
国道沿いの駐車場に車を置き、徒歩にて長谷寺へ向かいます。


両脇には商店が並んで、地の野菜やお菓子、
お土産なども売られています。

緩い上り坂を20分ほど歩いてようやく到着~。



↑は長谷寺の総門である仁王門。
両脇に仁王像、楼上に十六羅漢を安置しています。
幾度か災害にあっており、、現在のものは明治十八年(1885)の再建です。


さてさて、それでは、噂の登廊を登りますよ~。
全長約200メートルの屋根付きの階段で399段あります。
天井には「長谷式」と言われる丸い形の灯篭が下げられています。


登廊の脇にはぼたんが植えられていて、その数は150種類7000株と言われています。
まだ大きく開いている花はご覧の通り。ちょっと早かったみたい。

まだ登り始めたばかりだけれど、下廊の途中、お茶席があるとの事で
月輪院に寄り道と言う名の休憩(笑)


お抹茶と和三盆のお干菓子を頂きました。
お干菓子って美味しいという印象が全く無かったのですけれど、
↑これは美味しかった((美^~^味))モグモグ♪
さらりとした甘さが癖になります。

一休みしたらまた登りますよ~。


この辺りは中廊。
全体の中腹。
登る角度や石段一段の高さが少しきつくなってきています。

ふくらはぎがパンパンになり始めた頃、ようやく頂上へ到着。



↑こちらが徳川家光の寄進により慶安3年に建立された
長谷寺の本堂です。
平成16年12月に国宝に指定されました。
現在、本尊である十一面観音菩薩像の特別拝観が行われており、
菩薩の足元まで足を進めて、その足に触る事ができました。


↑こちらは前面の懸造りの舞台からの眺め。
仁王門があんなに遠くに・・・


続いては昭和の名塔と呼ばれる五重塔。
戦後最初に建てられた五重塔です。
緋色が山の緑に映えて綺麗・・・





登廊の脇にくらべると
上の方はもう少しぼたんの花が
咲いていましたよ。
ぼたんと言えば、
ピンクの印象が強い私なのですが、
白や濃い赤なんて色もあるんですね。
花弁が幾重にも重なっている様は
本当に綺麗ですね。









続いては本坊↑
寛文七年徳川将軍より建立されたものですが、明治四十四年(1911)落雷のため炎上。
現在の堂字は大正十三年に再建されました。
この本坊では先ほど本堂で見た音菩薩像を原寸大に描いた掛け軸が
展示されているとのことで拝観してきました。(期間限定)
縦16m46cm、横6メートル22cmにも及ぶ掛軸は重量125㎏。
なかなか迫力がありました。
本坊から出てみると、正面に・・・


先ほどの本堂が見えました。
ゆっくり見て回って、約2時間。
日も傾いてようやく涼しくなってきました。
そろそろ宿に向かう事にしましょう。

長谷寺を出て、車を東に走らせて約30分。
一日目の宿は宇陀市室生の民宿むろうさん
ホームページはこちら→
アットホームな良いお宿でした。

食事は広間にて、他の宿泊客の皆さんと一緒に頂きました。
メニューはこちら。


こんにゃくの煮物(写真左)、つくしの酢の物(多分)(写真右)

たまごどうふ(写真左)、野菜の炊き合わせ(写真右)

←アマゴの甘露煮。
その他にも山クラゲの油炒め、山菜の天ぷら、お漬物にご飯はお赤飯と白いご飯の二種類。

次々出てくるので、途中から写真を取るのを忘れちゃって、についでに疲れていたのにビールも頂いちゃったりして、ちょっと酔っ払い気味で(笑)、他に何が出て来たのかちょっと思い出せず・・・

食後は宿の女将さんや他の宿泊客の皆さんと色々な話をしていたのですが、その頃、私は疲れと眠気のピーク(^^;;;
暫く頑張っていたのですけれど、途中、お先にお部屋へ失礼させていただいちゃいました。


お風呂を頂いて、民宿なので自分でお布団を敷いた所までは覚えているのだけれど、
気づいたら寝てたらしい・・・

日中は30℃を超える真夏日だったのに、夜は上着を着ても寒いほど。
風邪をひかないようにしなくては・・・と、思った夜でした。
スポンサーサイト

category: 2012年GW 奈良旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbiri13.blog.fc2.com/tb.php/678-baa01e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。